過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

キャッシングサービスを利用される場合、当然ながら、定期的かつ安定的な収入源がないといけません。

金融業者からお金を借りたい場合は、当然ですが、定期収入がないとサービスを受けられないのです。金融業者などからお金を貸してもらう場合は、審査項目の最も重要な部分である定期的な収入があるの意味合いとしては、毎月、必ず安定した額の収入が入る、ということです。けれども、定期的に入るとはいえ、残念なことに年金収入はそれには含まないといったケースが大いにあるので、注意が必要です。特に、消費者金融の場合は、年金収入のみで借入れが叶う見込みはありません。それから、年収額でみたときに良い値を稼いでいたとしても、いわゆる単発のアルバイト、または、休みにあわせてアルバイトをして収入を加算していった場合ついても、キャッシングの対象から外れます。パートやアルバイトが収入源の場合には、毎月収入があることが申請をパスする上では必要となります。

過去記事一覧