過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

どうしてもお金のやりくりができないとき、それが少額だったとしても…

お金が必要になったとき、その額に関係なく、知人や友人から借金をした場合、状況によっては築いてきた関係が終了してしまう、なんておそれがあるので注意が必要です。これは、自分が貸す側になった場合にも同様です。ですから、自身がその立場に立たされた場合には、少々、そういった意味での覚悟は必要です。普通に考えれば世の中に、他の人にお金を貸したい、なんて人は全くいないといっても良いでしょう。それまでの付き合いがあるからと言って約束通り貸したお金が返済が確実、という保証自体あるワケもないですし、金融業者みたいに利子付きで貸し出すケースは稀ですし、正直、お金を貸すメリットがないのです。あなたが、お金のやりとりでトラブルを避けたいのなら、キャッシングの利用をするほうが無難だと思います。昨今は、昔より低金利なものも増えていて、気軽に利用することができます。

過去記事一覧